Okaeri 「おかえり」リラックスできる日々のこと  

ベビー写真はお昼寝時に撮ろう!写真撮影アイディア方法

この記事は2分で読めます

私は4人の子どもを持つ母ですが,
毎度,赤ちゃんの写真を撮る時に笑顔の
写真を撮ることしか思いつきませんでした。

 

今回,「こんな方法があったのか!!」と
魅了されたのが,カリフォルニア州在住の
3児のママ・クェニー リオさん。

 

彼女の写真にはまるで夢と冒険心を
与える写真ばかり。また愛情溢れる情景を
思い描かせます。

 

そんな彼女のベビー写真アイディアを
ご紹介しようと思います。


スポンサーリンク

 

ベビー写真を撮るヒント!

 

彼女の息子であるウェンゲンくんを主人公に
「不思議の国のウェンゲン」と題し,
アルバム集を紹介しています。

 

写真の背景に芸術性と想像力を
組み合わせる時,いつも彼女は
家にある物で代用しています。

 

たとえば,シンプルな無地生地,
ぬいぐるみやスカーフ,家庭にある
材料で背景を作っています。

large-6

クェニーさんはこう言います。
「写真はいつも私の趣味です。
最初,私の写真は自然景観ばかりでしたが,

 

2002年に第1子が生まれてからは
私の注目は私の宝である小さな赤ちゃんに
シフトを切り替えました。

 

私が男の子の赤ちゃんを取り始めたのは
アン・ゲデスさんの頻繁に撮影された
美しい作品からひらめいたのです。」

large-2

 

ベビー写真を撮るチャンスとは?

さらに続けて彼女は言います。
「2010年にアデル・エネルセンさんの
作品には眠っている彼女の娘さん

 

(赤ちゃん)が主体。
それを見た後,私は3カ月の息子にも
同じようなアイディアを試してみよう!」

large-3

そのように決めたそうです。
彼女の視点は一味違います。
昔からおとぎ話が好きだった彼女。

 

息子ウェンゲンくんを主人公に
おとぎ話の世界を撮影するに
至ります。

 

つまり,赤ちゃんがお昼寝を
している間に想像力を働かせた
写真を撮ることにしたのです。


スポンサーリンク

 

まとめ

彼女の想像力,発想力の豊かさに
心が洗われ,見ているどの作品も
微笑ましいものばかりです。

 

またどの作品もウェンゲンくんは
気持ち良さそうに眠っており,
母の愛情を感じざるを得ません。

 

わたしの好きなスリーピーベビー写真は
「ラプンツェル」です。
その一枚でたくさんの想像を働かせます。

large-1

おとぎ話もそうですが,

「あっ,ラプンツェルの髪をつかんでる!」
「この髪の毛は何でできてるんだろう?」

 

などと色んな想像力を
思い巡らすのです。
なので見ていて飽きません。
dsc_9636b__880

赤ちゃんがお昼寝をした時が
シャッターチャンス!
その前に,撮りたい映像をイメージし,

 

背景に必要な生活用品で手に入る
無地の生地はもちろん,帽子,靴下,
色画用紙など揃える必要があります。

large-4

また,忘れてならないのは,
子どものコンディションの良い時に
撮影すること!

 

このように愛情ある作品を創り上げた
クェニーさんから母親として学ぶことが
たくさんありました。

 

我が子達は赤ちゃんから脱して,
思春期,反抗期へと移りゆく時期に
面しています。

large

そのような時にこそ,こういうアルバムを見せ
母親の愛情を感じ,心豊かに
成長していくのではと感じます。

 

もっと子どもと向き合う時間を
作ろうとこの記事を書きながら
感じることができました。

 

ぜひ,この記事をご覧になられる
読者の方々にもそのような温かい気持ちを
感じることができますように願っています。


スポンサーリンク

  • 2016 08.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサーリンク