今年の母の日は…実に面白い!母の複雑な心境を綴ります | Okaeri

今年の母の日は…実に面白い!母の複雑な心境を綴ります

この記事は2分で読めます

2022年5月8日

母の日ですよ〜!

母の日って日本だけ?と思ったら、
同じ、5月の第2週日曜に
世界中のあちこちでも風習なのだそう。

へー、知らなんだ!

プレゼントするお花は
「(真っ赤な)カーネーション」
が日本では主流だけど、
他の国は違うんだねぇ〜〜

●アメリカ:カーネーション
◯オーストラリア:菊の花が主流
●フランス:お母さんが喜んでくれるモノ
◯イタリア:アザレアの花(蜂植え)
●フィンランド:ヴォッコという二輪草
◯韓国:カーネーション(両親の日だそう)

雑談は置いといて、
我が家は毎週、教会へ行っています。
私は今、子供達(3〜11歳)を
サポートをする役割で、
ボランティアさせていただいています♩

そこで、今年は子供達に
コレを作ってもらおう!と企画。
やっぱり母の日はコレでしょう。

ジャーン!
\リアル・カーネーション/
手作りカーネーション

左がキット用。

赤の花紙をじゃばらに折って、
両先端をギザギザバサミでカット。

それを紙のストローにボンドで挿し込み、
茎の部分をよりリアルにと造花用の
フローラルテープをぐるぐる巻き。

これでキットの完成です。
これを25個分と多めに
一人でチマチマとキット作成してました。

集会終了後、
子供達が私の前に群がり、
嬉しそうに花紙を一枚一枚開き、
その後、お母さん宛のメッセージカードに
感謝のお手紙を書いて、渡していました。

ちなみに、コレ↑中1の坊ちゃん。
父母共に、彼から身長を越されて
しまいました。。

実は、彼も密かに参加しておりました。🤣
メッセージカード、真正面に向けてくれや。。
絶賛・反抗期の中1。

そして困った子達のを手伝ってくれました。
結局、わたし、彼からももらったっけ??
謎です。。😂

(メッセージカードも書いていない…)

知的障害児の三女からも
出来上がりのをもらいました。
なんだか…やらされ感ハンパない。。

午後に帰宅後、母の日をうっすら
覚えてくれていた次女(高1)が寝てるので、
「夕飯、何か作ってくれたら嬉しいな〜」
とアピールしたら・・・
「仕方がないなぁ〜ハヤシライスでいい?」
と渋々作ってくれました。

その間、ゆっくり休めたかどうかは
「???」ですが、旦那から言われた
衝撃な言葉にショック!

旦那「あれ?今日母の日だったっけ?」

ガーーーン…😱

最後のオチがコレでした。

(THE マイペースの長女からは何もなし)

職場になっていた大っきなバラ!
サーモンピンクで美しい〜〜

ところで、母の日はもちろん
私たちが自分の母親たちにも
「感謝」の気持ちを伝える日。
(まぁ、毎度言ってるけどね‥)
(各々の母にはLINEで送ったね)

すべての母親の皆さん、
女性の皆さん、
全てにありがとうございます!!!

ちなみに来年は父の日だから
今度はどうしよっかな〜

今年の母の日は、ちょっと複雑な
部分もあったけど、それでも、
感謝してくれるだけ
母さん、元気もらいました!

みんな、ありがとう〜!
これからも母は…

みんなのためにがんばります!

 


スポンサーリンク

  • 2022 05.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

Okaeri

2002年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Okaeri

「おかえり」  リラックスできる日々のこと♩

スポンサーリンク

おすすめカテゴリー記事